カナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルは15日、車両開発と完成車受託生産を手掛ける傘下のマグナ・シュタイヤーがBMWから新型「5シリーズ」の生産を受託したと発表した。


マグナ・シュタイヤーが保有するオーストリア中部グラーツ工場で2017年初めにセダンの生産を開始する。同工場ではBMWから2003~10年にBMW「X3」、10年からミニ「カントリーマン」、12年からミニ「ペースマン」の生産を受注。5シリーズの受注は今回が初めてとなる。

同工場ではBMW以外にもメルセデス・ベンツやジャガー・ランドローバー(JLR)からも受注しており、今回のBMWからの新規受注を含めると2018年には年産台数が20万台になると見込まれている。

■独ディンゴルフィング工場でも生産
新型5シリーズは同工場だけでなく、BMWのバイエルン州ディンゴルフィング工場でも生産される。新型5シリーズの同工場での生産準備には数億ユーロを投資してきたとしており、ボディ製造工程などを増設した。同工場ではマグナよりもわずかに早く2016年末に生産を開始する予定だ。

2週間無料お試し購読
購読を開始する