三菱レイヨン(本社:東京都千代田区)は16日、伊ランボルギーニと自動車用の炭素繊維複合材(CFRP)分野での共同開発を検討することで基本合意し、覚書(MOU)を締結したと発表した。

52372.jpg


両社はこれまで、三菱レイヨンのCFRP中間材とその加工技術、ランボルギーニの軽量部品製品化技術の知見を組み合わせることにより、自動車用CFRP分野での新たな展開の可能性についてこれまで協議を行ってきたが、このほど共同開発の実施に向け、具体的な検討を開始することに合意した。

基本合意書に基づき、両社は今後1年間をめどに、自動車向けCFRP分野での新素材と新技術、特に加工時間短縮、生産作業削減、生産自動化に関する技術を取り込んだ新規CFRP開発を主な目的とする共同開発の可能性について、検討を開始する。

2週間無料お試し購読
購読を開始する