光岡自動車(本社:富山県富山市)は20日、台湾国内で霊柩車販売代理店契約を締結している法門開發股フェン有限公司(FAHMAN MOTORS)を通じ、本格的な販売を開始すると発表した。10月に発売し、その後は年間10台の販売を計画している。

52400.jpg


光岡自動車と法門開發は昨年3月、台湾で霊柩車の販売代理店契約を締結し、発売へ向け準備を進めてきた。台湾政府から今回、車両認証を取得したことから、本格的な販売を開始する。

台湾での販売車種は「ミツオカリムジンタイプV(5人乗車)」。「ガリュー」をベースにセンターを1200mm延長し、リヤオーバーハングを400mm延長した、全長6560mmの大型リムジン型霊柩車で、台湾での法規に対応させるため、日本とは異なる左ハンドル車で、細部が異なる仕様での発売となった。排気量は2500ccで、ボディカラーはブラックとパールホワイト。

台湾では1970年代まで埋葬が主流で火葬率は30%ほどだったが、87年に埋葬禁止令が制定されてから一気に火葬化がすすみ、現在では火葬率が90%以上に上る。霊柩車は日本と同様、葬儀場から火葬場までの搬送用途として使用されるが、台湾では霊柩車への改造が認められないため、輸入された霊柩車が市場を占有し、各国で生産された霊柩車が使用されている。

光岡自動車は、台湾には同社のモデルのようなクラシカルデザインの霊柩車は存在しないことから、日本国内と同様の需要が見込まれるという。

2週間無料お試し購読
購読を開始する