イタリアの自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と商用車大手イベコ、天然ガス輸送会社スナム(Snam)の3社は5日、圧縮天然ガス(CNG)の利用を促進することで合意したと発表した。CNG車の市場拡大を目指す。ロイター通信が伝えた。

52620.jpg


スナムは今後5年間で約2億ユーロ(約231億7000万円)を投じ、イタリア国内のCNG供給施設の数を現在の2倍となる2000カ所に増やす。これにより3社は、同国のCNG車の台数を現在の100万台から300万台以上に引き上げる考え。

イタリアは欧州で最大のCNG車市場で、2015年には10億立方メートル以上のCNGを消費した。スナムは全長3万2000キロメートル以上のガスパイプラインを保有する、欧州で最大の天然ガス輸送会社。

2週間無料お試し購読
購読を開始する