ドイツの自動車部品・産業用機械大手シェフラーは14日、中国・江蘇省南京市の工場の第3棟を開所したと発表した。カムシャフトフェージングユニット、油圧タペット、各種チェーン、テンショナーやエンジン部品などを製造し、国内外の自動車メーカーに供給する。

52724.jpg


新棟の床面積は約3万平方メートルで、従業員数は約1000人。同時に中央倉庫も開所した。新棟と倉庫を合わせた面積は約4万6000平方メートル。

シェフラー南京ではさらに2棟を建設し、総合的な自動車・産業用部品工場とする計画。シェフラーは現在、中国では南京のほか、江蘇省太倉市、寧夏回族自治区銀川市に主要工場を展開している。

2週間無料お試し購読
購読を開始する