トルコ自動車販売業者協会(ODD)が13日発表した2016年上半期(1~6月)の国内新車販売台数(乗用車、小型商用車)は前年同期比1.45%増の43万8817台だった。このうち乗用車は3.24%増の33万8482台、小型商用車は4.17%減の10万335台となっている。


6月の国内の新車販売台数は前年同月比6.25%増の9万1540台だった。内訳は乗用車が4.94%増の7万1111台、小型商用車は11.08%増の2万429台となっている。

排気量1600cc以下の乗用車の1~6月の販売台数は32万5993台となり、乗用車市場の96.31%を示した。トルコでは2014年から乗用車の特別消費税(SCT)がエンジンの排気量に応じて5~15ポイント引き上げられ、新たな税率は45~145%となった。増税後のSCT税率は排気量1600cc以下が45%、1601~2000ccが90%、2001cc以上が145%。同国ではSCTのほかに18%の付加価値税も課されている。

ODDは2016年通年の販売台数について95万~100万台と予想している。15年は前年比26.1%増の96万8017台だった。

2週間無料お試し購読
購読を開始する