フジオーゼックス(本社:静岡県菊川市)は15日、中国と韓国の合弁会社を解消すると発表した。韓国のデジタル放送ソリューション事業のAlticast Corporationと米TRWオートモーティブとの合弁である韓国の新韓バルブ工業(SHK)と、SHKとTRWオートモーティブ・チャイナ・ホールディングスとの合弁である新韓(北京)汽車配件系統有限公司(SHB)について、フジオーゼックスが所有する全株式をAlticast Corporation に譲渡する。


フジオーゼックスは2015年6月にTRWグループとの業務提携を解消すると発表。合弁解消に向けて交渉を行っていたSHKとSHBについても、保有株の譲渡先が決定したため、合弁事業の解消を決議した。

今回の株式譲渡により連結上では損失が発生する見込みだが、フジオーゼックスは、昨年に完全子会社化した「富士气門(広東)有限公司」を最大限に活用することにより、さらなる販売拡大を実行できる体制を構築するとしている。

2週間無料お試し購読
購読を開始する