ドイツの自動車部品・タイヤ大手コンチネンタルのゴム・プラスチック部門コンチテック(ContiTech)はこのほど、中国・山東省青島市に自動車用ホースの新工場を建設する計画について、同省政府と覚書を交わした。2000万ユーロ(約23億3000万円)以上を投じ、青島西海岸新区の約1万5000平方メートルの用地に建設する。


青島市にある既存のヒーターホースと冷却ホース工場の生産ラインは、新工場に移管する。新工場の当初の年産能力は低圧ホース約1500万本で、市場の成長を見ながら拡張し、2020年までに完成させる予定。既存工場の従業員数は約500人以上で、製品は中国のほかアジア太平洋地域の自動車メーカー向けに供給している。

コンチテックのハンスユルゲン・ダンシング最高経営責任者(CEO)は、中国とアジア太平洋地域の市場の成長に合わせ、生産を拡大していくと述べている。

2週間無料お試し購読
購読を開始する