ダイムラーは23日、中国の自動車メーカー、比亜迪(BYD)との合弁会社、深センBYDダイムラー・ニュー・テクノロジー(BDNT)が中国市場専用の電気自動車(EV)ブランド「デンツァ(DENZA、騰勢)」の新型車、「デンツァ400」の生産を開始したと発表した。電池をアップグレードし、航続距離を最高400キロメートルとした。

51929.jpg


デンツァ400は、BYDが広東省深セン市に保有する工場のBDNTの生産ラインで製造する。電池のサイズを維持したまま、電池容量を47.5kWh(キロワット時)から60.0キロワット時に引き上げた。中国のユーザーの走行距離は一般的に1日当たり50~80キロであることから、約1週間に1回の充電で済むことになる。

BDNTは2014年9月にデンツァブランド初のEVを発表。15年には約3000台を販売した。

2週間無料お試し購読
購読を開始する