マツダは2日、ロシアのOJSCソラーズ(Sollers)が、ロシア極東連邦管区プリモリスキー州ウラジオストク市にある合弁生産会社、マツダソラーズマヌファクトゥリングルース(MSMR)のエンジン工場設立について、同社とロシア連邦政府が特別投資契約を締結したと発表した。新設されるエンジン工場は、年産能力5万基を予定しており、2018年中の量産開始を目指す。


同エンジン工場の設立に当たっては、ロシア連邦政府から2023年までの支援策が定められる予定だ。

MSMRは2012年10月に操業を開始。現在は「CX―5」と「マツダ6(日本名:アテンザ)」の車両組み立てを行っており、これまでに10万台以上のマツダ車を生産し、ロシア全土に供給している。

2週間無料お試し購読
購読を開始する