自動車部品・タイヤ大手の独コンチネンタルは5日、商用車用の長距離レーダーシステムを開発したことを明らかにした。最長で250メートル先の、視界から一部外れた歩行者も検知し、緊急時には自動ブレーキを作動させる。今月22~29日に独フランクフルトで開催される商用車の展示会「IAAコマーシャル・ビークルズ」で公開する。

52106.jpg


コンチネンタルの高解像度の長距離レーダーシステムは、止まっているものと動いているものを区別し、霧や逆光などの視界が悪い状況でも確実に検知することが可能。緊急自動ブレーキのほか、前方衝突警報システムなどと組み合わせることで、さらに安全性が高まるとしている。

同社はまた、商用車用のヘッドアップディスプレイ(HUD)をIAAコマーシャル・ビークルズに出展する。すでに開発用車両に搭載し、約1万7500キロメートルに及ぶ走行実験を行っているという。

2週間無料お試し購読
購読を開始する