中国の浙江吉利控股集団の傘下にあるスウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カー・グループ(ボルボ・カーズ)は9日、スウェーデン南西部ヨーテボリ市のトースランダ工場で、自動運転(自動走行)技術を搭載したスポーツタイプ多目的車(SUV)「XC90」をラインオフし、同市で行われる公道での自動運転実験で「Drive Me」プロジェクトを正式に始動したと発表した。

52294.jpg


ボルボは現在、90シリーズのモデルに、半自動運転機能(レベル2相当)の「パイロットアシスト」を搭載。同技術は、緩やかなステアリング操作によって運転をアシストするもので、時速130キロメートルまでであれば、前走車がいなくとも、走行車線をキープしたまま走行することが可能となっている。

Drive Meプロジェクト用の自動車はそれに加え、ボルボが「自動運転頭脳(Autonomous Driving Brain)」と呼ぶ機能を搭載。ヨーテボリ周辺に設定した自動運転ゾーンで、ハンドルを離したまま、またアクセルやブレーキの操作も必要なく運転することが可能という。

新機能を搭載したXC90の自動運転車は、厳しいテスト工程を経た後、同プロジェクトに参加する一般ユーザーに提供される。同プロジェクトは、ボルボの自動運転車で一般ユーザーが公道を走る初の実証実験となる。

同様のプロジェクトが、2017年にはロンドンでも行われる予定。数年内には中国でもDrive Meプロジェクトが実施される予定で、現在は実施する都市の選定を行っている。

2週間無料お試し購読
購読を開始する