BMWは27日、中国の華晨汽車集団との合弁会社、華晨宝馬汽車が遼寧省瀋陽市の工場で生産する「1シリーズ」セダンの販売を開始したと発表した。1シリーズのセダンは、ドイツで生産される1シリーズの5ドアハッチバックを補完するモデルで、BMWの独ミュンヘン本社で中国人エンジニアとともに中国の消費者と道路、交通状況に合わせて開発した。


全長4456mm、全幅1803mm、全高1446mmで、ホイールベースは2670mm。2000cc・4気筒エンジン搭載の「125i」と「120i」、3気筒・1500ccエンジン搭載の「118i」があり、125iは最高出力170kW/231hp、最大トルク350Nmで、120iが最高出力141kW/192hp、最大トルク280Nm、118iが最高出力100kW/136hp、最大トルク220Nmとなっている。

ベーシックモデルのほかに「スポーツ・ライン」と「ラグジュアリー・ライン」が設定されている。

2週間無料お試し購読
購読を開始する