アルファ(本社:神奈川県横浜市)は9日、タイに自動車部品の設計・開発拠点を開設すると発表した。6月に開設する。東南アジアとインド市場で現地の自動車メーカーのニーズに対応した製品を開発するとともに、価格競争力を強化する。


タイ中部プラチンブリ県に拠点を置く子会社アルファ・インダストリー(タイランド)内に設計・開発拠点を開発する。これまでアルファは、日本本社を中心に、米国、中国、チェコ、スイスの子会社内に設計・開発拠点を設置してきた。

アルファは2014年度から、海外拠点の強化を図るためリージョン体制(地域別事業運営)を導入。現在は日本、北米、中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)・インド、欧州の5リージョン体制で事業運営を行っている。

2週間無料お試し購読
購読を開始する