日本ガイシは30日、ポーランドの製造子会社であるNGKセラミックスポーランドの自動車排ガス浄化用セラミックスの生産能力を増強すると発表した。総額約290億円の設備投資を実施。PM(粒子状物質)除去用の炭化ケイ素(SiC)製ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)とガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)の需要拡大に対応する。


NGKセラミックスポーランドは、SiC製DPFの生産拠点として2003年に設立し、04年に生産を開始。生産能力と品目を段階的に拡大し、現在では、SiC製DPFやGPFなど4品目の自動車排ガス浄化用セラミックスを生産している。また、17年2月にはSiC製DPF生産のため、第2工場の操業を開始した。

今回の設備投資では、第1工場でGPF、第2工場でSiC製DPFの生産能力をそれぞれ増強する。20年4月までに生産能力をGPFは約3倍にし、SiC製PDFは2工場合計で約3割、段階的に引き上げる。

2週間無料お試し購読
購読を開始する