ドイツの自動車部品大手ヘラー(Hella)は11日、リトアニア南部のカウナス近郊に新工場を建設すると発表した。各種センサーやアクチュエーター、制御モジュールを生産する。2018年半ばに操業を開始する予定だ。


第1期分の投資額は3000万ユーロ(約35億円)で、従業員数は最大250人としている。建屋面積は7000平方メートル。ただし、供給先については公表していない。

同社のロルフ・ブライデンバッハ社長兼最高経営責任者(CEO)は「エレクトロニクス部門は当社の戦略の基礎だ。特に自動運転技術や電動化、デジタリゼーションが業界のトレンドとなっていることから、当社製の電子部品に対する需要も拡大すると期待している」と述べた。

2週間無料お試し購読
購読を開始する