PSAグループ傘下の自動車部品メーカー大手フォルシアは4日、東風汽車の傘下の自動車部品メーカー、東風汽車零部件(集団)有限公司(Dongfeng Motor Parts & Components Group)と排ガス制御装置を製造する合弁会社を設立することで合意したと発表した。


新設する合弁会社は湖北省襄陽市に本社を置き、2018年から事業を開始。東風汽車の子会社が製造する乗用車と商用車向けに排気ガス制御装置を供給する。21年までに年間売上高12億元(約200億円)を目指す。

フォルシアと東風汽車の子会社の東風鴻泰(Dongfeng Hongtai)控股集団有限公司は15年7月に合弁会社の東風フォルシア・オートモーティブ・インテリア・カンパニーと東風フォルシア・オートモーティブ・エクステリア・カンパニーを設立。ともに武漢市に拠点を置き、東風汽車のほか、同社が提携する自動車メーカーに対して内外装部品を供給している。

2週間無料お試し購読
購読を開始する