ブリヂストンは8日、グループ会社のブリヂストン・インディア(BSID)が、インド国内の自動車保有台数や生産台数の増加に伴うタイヤ需要の拡大に対応するため、西部マハラシュトラ州プネ工場と中部マディヤ・プラデシュ州インドール工場の乗用車用ラジアルタイヤ(PSR)の生産能力を増強すると発表した。今後5年間で約3億430万米ドルを段階的に投資。両工場の生産能力の合計を2022年までに日量で約1万5000本増やし、約4万1000本とする予定。


生産能力の増強と併せ、最新鋭の設備と技術を導入することにより、インド市場で今後見込まれる新車用タイヤの大径化にも対応。約450人の新規雇用を創出する見込みという。

BSIDは1996年設立で、従業員数は約3000人。

2週間無料お試し購読
購読を開始する