欧州自動車工業会(ACEA)が17日発表した2017年の欧州連合(EU)加盟国の乗用車新規登録台数は前年比3.4%増の1513万7732台だった。4年連続の増加で、1500万台を突破したのは2007年以降で初めて。アイスランド、ノルウェー、スイスからなる欧州自由貿易地域(EFTA)とEUの合計は3.3%増の1563万1687台となった。


■12月は4.9%減の109万台
17年12月のEUの乗用車新規登録台数は前年同月比4.9%減の108万8498台だった。3カ月ぶりの減少。営業日数が前年同月と比べて1日少なかったことが影響した。

12月はドイツが1%減の25万3950台と3カ月ぶりに減少したものの、3カ月連続で首位を維持。フランスは0.5%減の19万3372台で3カ月連続の2位だった。3位の英国は14.4%減の15万2473台と9カ月連続の減少。4位のイタリアは3.2%減の12万1100台と減少に転じた。5位のスペインは6.2%増の10万2943台だった。



■17年は主要5カ国で英のみ減少
17年通年は、首位のドイツが2.7%増の344万1262台。2位は英国で5.7%減の254万617台だった。3位のフランスは4.7%増の211万748台、4位のイタリアは7.9%増の197万497台、5位のスペインは7.7%増の123万4931台だった。

■PSAが2位に浮上
17年のメーカー別の乗用車新規登録台数(EUとEFTAの合計)は、1位のフォルクスワーゲン(VW)グループが2.1%増の371万7566台と伸びを示したが、VWブランドは0.9%減の170万6369台だった。

昨年8月にゼネラル・モーターズ(GM)から独オペルと英ボクソールを買収したPSAグループは28.1%増の188万5553台でルノーを抜き、2年ぶりに2位に浮上。前年2位のルノー・グループは6.7%増の162万8472台で3位に後退した。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が5.2%増の104万4714台で7位から4位に上昇。BMWグループは1%増の104万2580台で前年に続いて5位だった。フォードは0.3%減の103万1957台で4位から6位に後退した。

■トヨタは2けた増で8位に
ダイムラーは5%増の99万2528台で8位から7位に上昇。トヨタグループは12.4%増の71万7849台と2けた増を記録し、9位から8位に上昇した。GMは39.6%減の60万904台で9位となり、日産自動車は2.8%増の56万6191台で前年に続き10位だった。



 

2週間無料お試し購読 購読を開始する