南アフリカ自動車工業会(NAAMSA)がこのほど発表した2017年12月の新車販売台数(乗用車、商用車)は前年同月比2.4%減の4万636台だった。7カ月ぶりの減少。17年通年では前年比1.8%増の55万7586台と4年ぶりに増加し、NAAMSAが予想していた約1.5%増を上回った。NAAMSAは18年の新車市場が57万2000台と前年比で約2.6%増加すると予想している。


■乗用車とLCVの販売が増加
17年の車種別販売は、乗用車が1.9%増の36万8068台、小型商用車(LCV)は2.6%増の16万3346台だった。中型商用車は6.4%減の7785台、大型トラックとバスが1.6%減の1万8387台だった。
■自動車輸出は4.6%減
17年の自動車輸出は32万9053台で、過去最高を記録した16年と比べると4.6%減となったものの、15年に次ぎ、史上3番目の水準を維持した。内訳は、乗用車が7%減の22万1 928台、LCVが0.9%増の10万6126台で、トラックとバスが5.2%減の999台だった。

 

2週間無料お試し購読 購読を開始する