フォルクスワーゲン(VW)は26日、中国・北京市のシンクタンク、「フューチャー・センター・アジア」を正式開所したと発表した。独東部ポツダム、米カリフォルニア州シリコンバレーのベルモントに続く3カ所目のフューチャー・センターとなる。


VWは、モビリティ市場の地域ごとの違いに対応するとともに、優秀な人材を確保するため、主要市場にフューチャー・センターを設置している。北京に開設されたフューチャー・センター・アジアは、中国およびアジア市場の特性に対応したソリューションを提供するとともに、世界各地に応用可能なアイデアやコンセプトの開発も目指す。

米国のフューチャー・センターは、デジタルユーザーの体験最適化、UX(ユーザーエクスペリエンス)ソフトウエアとソリューションに集中。ドイツのフューチャー・センターは、主に自動運転車(自動走行車)や自動車のデザインの開発を手掛けている。各拠点は連携し、グローバル市場に展開可能なソリューションを開発する方針だ。

 

 

 

2週間無料お試し購読 購読を開始する