フランスのプラスチック部品メーカー、ノバレス(Novares)は2月27日、メキシコ北部チワワ州では3カ所目となる新工場を開所したと発表した。既存顧客であるフォード・モーターのほか、新たにBMWに製品を供給する。これによりノバレスのメキシコ国内全体の工場は5カ所となった。




ノバレスは1994年にメキシコ生産を開始。チワワ州に3カ所、中南部プエブラ州と中央高地グアナファト州シラオにそれぞれ1カ所、工場を保有する。94年と97年に工場を稼働したチワワ州ではラジオベゼルやHVAC(暖房・換気・空調)コントロールなどの内装プラスチック部品を製造。2003年に稼働したプエブラ工場では外装部品やエンジン部品、16年に稼働したシラオ工場ではエンジン部品をそれぞれ製造している。

チワワ州の新工場の投資額は1560万米ドル。面積は7900平方メートルで、276人を雇用する。年間売上高は2350万米ドルを見込む。

ノバレスは21カ国に工場42カ所とスキルセンター7カ所、技術センター5カ所、カスタマーサービスセンター17カ所を置いている。

2018/3/1

 

 

2週間無料お試し購読 購読を開始する