ブリヂストンは1日、欧州事業統括会社ブリヂストン・ヨーロッパの独子会社であるブリヂストン・ドイツ(BSDL)がドイツ国内でタイヤを含む自動車部品の販売などの自動車関連サービスを手掛けるプノイハーゲ・マネジメント(Pneuhage Management)との間で合弁事業を開始する方向で合意したと発表した。


合弁事業では、BSDLがプノイハーゲ・パートナーズ・グループ(PPG)に出資し、その下にBSDLのドイツ小売事業を統合することで、欧州の主要市場であるドイツ国内の交換用タイヤ小売事業の強化を図る。

BSDL出資後のPPGへの出資比率は、BSDL25%、プノイハーゲ75%となる。

2週間無料お試し購読
購読を開始する