国際自動車ニュース

海外の自動車産業,業界ニュース,情報,記事(アメリカ,米国,中国,インド,韓国,タイ,ロシア,ドイツなど)|国際自動車ニュース

2016年5月27日 記事タイトル一覧

【タイ―生産】VWとBMW、タイで購買拠点を開設へ
【米国―生産】フレックスNゲイト、ミシガンで新工場を建設
【イタリア―生産】FCA、伊ミラフィオリ工場でシフト追加
【独日―生産】シェフラーと日産、電動可変バルブタイミング機構を共同開発
【スイス・中国―生産】STと威孚、車載用エンジン制御技術の開発で協力
【中国―生産】得潤電子、北京ベンツから組電線を受注
【中国―生産】ランプの星宇車灯、凱翼汽車と戦略提携
【台湾―生産】政翔精密、元創精密車専業に社名変更
【インド―生産】VW、インド市場向け小型セダン「アメオ」生産開始
【インド―生産】ボッシュが印事業に77億ルピー投資、 燃料噴射装置を増産
【米国―販売】SUVの買い替え63%、米で人気持続=IHS
【米国―販売】BMW、米のカープーリング会社に出資
【米国―販売】4月の米耐久財受注は予想超える3.4%増、自動車など堅調
【インド―販売】商用車アショック、昨年度は116%増益
【米中―政策】米政府、中国製耐食鋼への反ダンピング・相殺関税を最終決定
【台湾―政策】台湾当局がVWに罰金、排ガス関連の虚偽広告で
【ブラジル―その他】ウジミナスが新CEO指名、経営主導権争いに変化
【中国―その他】上海GM、8月に216万台をリコールへ
【タイ―その他】小倉クラッチ、バンコクオートサロンに出展
【日本―その他】タカタが米ラザードをFAに起用、支援スポンサー選定急ぐ

2週間無料お試し購読
購読を開始する
 
【独日―生産】シェフラーと日産、電動可変バルブタイミング機構を共同開発

ドイツの自動車部品大手シェフラーは26日、日産自動車と共同で、シェフラーとしては初となるガソリンエンジン向けの電動可変バルブタイミングコントロール(ECP)機構を開発したと発表した。加速レスポンスを向上させるとともに、二酸化炭素(CO2)排出量の削減と排気性能の向上を実現する。

続きを読む..
 
【アゼルバイジャン―生産】ホドロ、アゼルバイジャンにCKD輸出へ

イランの国民車メーカーであるイラン・ホドロ(IKCO)はこのほど、イランとアゼルバイジャンの両国政府がホドロ車の現地生産について基本合意したと明らかにした。

続きを読む..
 
【英国―生産】加マグナが英にアルミ鋳造工場建設、18年に生産開始

カナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルは25日、英中部テルフォードにアルミキャスティング工場を建設すると発表した。高級車の英ジャガー・ランドローバー(JLR)に供給する。今秋に建設に着手し、2018年から生産を開始する見通し。新工場はマグナの車体部品子会社コスマ・インターナショナルが運営する。

続きを読む..
 
【米国―生産】アキュラの新型「NSX」、オハイオ工場で量産開始

ホンダは24日、高級車ブランドのアキュラが米オハイオ州メアリズビルのパフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)で新型「NSX」の量産を開始したと発表した。

50636.jpg

続きを読む..
 
【米国―生産】アルミ圧延ノベリスが生産能力を増強、フォードに供給

アルミニウム圧延大手の米ノベリスは23日、ニューヨーク州オスウェゴ工場に新設した自動車用製品の第3生産ラインを稼働したと発表した。1億2000万米ドルを投資し、高力アルミニウム合金の生産能力を引き上げた。フォード・モーターの主力ピックアップトラック「Fシリーズ」向けにアルミシートを供給する。

50617.jpg

続きを読む..
 
【ドイツ―生産】VW、国内最大労組と4.8%賃上げで合意

フォルクスワーゲン(VW)は20日、国内最大の労働組合である金属産業労組(IGメタル)と、ドイツ西部の6工場および金融サービス部門の約12万人の従業員について、2018年1月末までの間に4.8%の賃上げを実施することで合意したと発表した。

続きを読む..
 
【インド―販売】エイシャー・ポラリス、個人事業主向けUV「Multix」発売

インドの商用車大手エイシャー・モーターズと全地形対応車(ATV)メーカーの米ポラリス・インダストリーズの合弁会社、印エイシャー・ポラリスはこのほど、ユーティリティービークル(UV)の「Multix」を発売すると発表した。業務用と家庭用の両方のニーズを満たすため、個人事業主向けに開発。価格は26万2970ルピー(約42万9000円)から。地元各メディアが伝えた。

50589.jpg

続きを読む..
 
【シリア―生産】イランの国民車ホドロ、シリア生産再開へ

イランの国民車メーカー、イラン・ホドロ(IKCO)は18日、シリアでの生産を再開する計画を明らかにした。すでに「サマンド」の生産のために組立部品をシリア向けに出荷。近く2回目の出荷を行い、同国のシリア・サマンド(SIAMCO)の工場で約90台を製造するという。

続きを読む..
 
【ブルガリア―生産】米ビステオン、ブルガリアのソフト開発事業を拡充

自動車部品大手の米ビステオンは16日、ブルガリアでのソフトウエア開発事業を拡充すると発表した。コネクテッドカーや自動運転車(自動走行車)向けの需要増に対応する。

続きを読む..
 
【ナイジェリア―生産】ヤマハ発動機がナイジェリア再進出、合弁工場を開所

ヤマハ発動機は16日、豊田通商が出資する仏商社CFAO(セファオ)とのナイジェリアの合弁会社、CFAOヤマハ・モーター・ナイジェリア(CYMNG)が13日に同国の最大都市ラゴスで組立工場を開所したと発表した。ヤマハは2005年に同国での二輪車生産から撤退しており、今回が再進出。アフリカ大陸全体でも初の生産拠点となる。

50518.jpg

続きを読む..