2018年12月12日 記事タイトル一覧

【中国―販売】11月の中国新車販売は13.9%減、12年1月以降で最大の減少に
【韓国―生産】現代自が30年にFCVを50万台生産、計7600億円超を投資
【米国―生産】UACJ、蘭コンステリウムとの米合弁を解消
【米国―生産】ホンダがCES出展、研究開発パートナー募る
 見出し非公開の記事があります。
【ドイツ―生産】ダイムラー、30年までに電池セル200億ユーロ調達
【ドイツ―生産】VW、独で3Dプリンティングセンター開所
【ドイツ・タイ―生産】タイ石化インドラマ、独エアバッグ繊維のUTT買収
【中国―生産】東軟集団と福田汽車、コネクテッドカーで提携
 見出し非公開の記事があります。
【中国―販売】11月の東風汽車の販売20%減、1~11月は6.7%減
【中国―販売】満州里から欧州へ列車輸出、電子製品や自動車部品が主力
【ベトナム―販売】11月のベトナムの新車販売23%増、3カ月連続の増加
【中国―政策】中国が対米自動車関税引き下げへ、時期は不明=米当局者
【欧州―政策】EUで乗用車の次期CO2規制が交渉決裂
【豪州―政策】テスラと契約の豪資源会社、リチウム権益訴訟で和解
【米国―その他】ヤマハ発、米に自社ファンド設立 
【米国―その他】丸紅、自動運転配送の米udelvに出資
【米国―その他】ペンタセキュリティ、自動運転車のセキュリティー技術公開
【中国―その他】江淮汽車、安徽省のNEV産業基金に25%出資




 

2週間無料お試し購読 購読を開始する

【ドイツ―生産】VW、独で3Dプリンティングセンター開所

フォルクスワーゲン(VW)は11日、独ニーダーザクセン州ウォルフスブルクの本社工場内に3Dプリンティングセンターを開所したと発表した。これにより複雑な自動車部品の3Dプリンティングによる製造も可能になる見通し。

続きを読む...

【中国―生産】英セレスとイ柴が戦略提携、中国でFC生産、技術供与も

燃料電池(FC)を開発する英セレス・パワー(Ceres Power)は10日、中国の大手エンジンメーカーのイ(さんずいに維)柴動力(Weichai Power、ウェイチャイ・パワー本社:山東省イ坊市)と戦略的長期提携で最終合意に達したと発表した。今回の合意には、中国でのFC製造の合弁会社設立契約と、同合弁会社へ主要技術の移転に関するライセンス契約、900万ポンド(約12億8000万円)の新規共同開発契約が含まれる。今回の合意に伴い、イ柴はセレスに対する2800万ポンド(約39億3800万円)を追加出資する。これによりイ柴によるセレスへの出資比率は10%弱から20%に上昇する。

続きを読む...

【米国―生産】電池のCATL、デトロイトに販売拠点を開設

中国の車載電池メーカー大手、寧徳時代新能源科技(CATL、本社:福建省寧徳市)は7日、米ミシガン州デトロイト市に販売・サービス拠点を開設したと発表した。同社の車載電池事業としては初の米国内拠点としている。

続きを読む...

【スペイン―生産】アントリン、内装装飾部品のウォルターパックに40%出資

スペインの自動車内装部品大手グルーポ・アントリンはこのほど、自動車の内装向け装飾部品のデザインと製造を手掛けるウォルターパック(Walter Pack)に40%を出資すると発表した。両社のノウハウを融合させ、デザイン性の優れた内装部品の開発に取り組む方針だ。出資額については公表していない。

続きを読む...

【ドイツ―生産】シェフラー、モーター生産設備のElmotecを買収

ドイツの自動車部品・産業機械メーカー大手シェフラーはこのほど、電気モーター量産用機械の大手メーカーでる独Elmotec Statomat Holdingを買収する契約を締結したと発表した。電動モビリティー戦略の一環として、電気モーター製造分野の技術と工業化の専門知識を強化する狙いがある。買収額は公表していない。買収手続きは2019年第1四半期(1~3月)中に完了する予定。

続きを読む...

【インドネシア―生産】豊田合成、インドネシアにエアバッグ生産の新会社

豊田合成(本社:愛知県清須市)は4日、豊田合成インドネシアを設立すると発表した。インドネシアの安全規制の強化を背景とするエアバッグの大幅な需要拡大などに対応する。2020年11月の生産開始を予定する。

続きを読む...

【米国―生産】JNCが米ナノグラフに出資、LIBの負極材料添加剤を開発

JNC(本社:東京都千代田区)は3日、リチウムイオン電池(LIB)の負極材料添加剤の共同開発先である米ナノグラフ(NanoGraf)に250万米ドルを出資したと発表した。

続きを読む...

【タイ―その他】住友倉庫、タイの新倉庫が完成

住友倉庫は11月29日、タイ子会社のSumiso (Laem Chabang) が中部チョンブリ県レムチャバン地区で建設を進めていた2期倉庫が完成したと発表した。これによりレムチャバン地区の自社倉庫の延床面積は合計で約2万平方メートルとなり、アユタヤ地区を含めたタイ全体では約3万6000平方メートルに拡大した。

続きを読む...

【アルゼンチン―生産】豊田通商、アルゼンチンでのリチウム生産拡大

豊田通商は28日、アルゼンチンで豪州のリチウム資源開発会社Orocobre、現地のフフイ州鉱業公社(JEMSE)と共同で行っている炭酸リチウム生産事業の年産能力を1万7500トンから4万2500トンに拡大すると発表した。車載用リチウムイオン電池を中心としたリチウム需要増に対応する。2020年7月ごろの拡張生産の開始を予定する。

続きを読む...

【米国・日本―生産】ジョンソンコントロールズと東芝、車載電池で提携

ビル管理システム・自動車用電池メーカーの米ジョンソンコントロールズは27日、東芝と車載用リチウムイオン電池のソリューションで提携することで合意したと発表した。両社はジョンソンコントロールズのミシガン州ホランドの工場でリチウムイオン電池の開発と製造を行うほか、既存の鉛酸技術と組み合わせ、デュアル・バッテリー・システムを開発する。

続きを読む...

他の記事も読む