積水化学工業は24日、韓国の連結子会社の映甫(よんぼ)化学(YOUNGBO CHEMICAL)を通じ、中国・江蘇省無錫市にポリオレフィンフォーム生産会社を新設すると発表した。6月に設立する予定。約25億円を投じて建屋と生産ラインを新設し、2019年度上期の稼働を予定する。河北省廊坊市の映甫高新材料(廊坊)有限公司に続き、中国で2社目のポリオレフィンフォーム生産会社となる。


無錫市の新工場の敷地面積は2万2000平方メートルで、建屋面積は7500平方メートル。生産能力は年間1600万平方メートルで、従業員数は40人となっている。

積水化学はポリオレフィンフォーム事業をグローバルに展開しており、自動車内装向けポリプロピレン(PP)フォーム市場でも世界トップクラスのシェアを誇る。PPフォームは自動車内装の下地材として使用され、高いクッション性や成形性などの機能を持つ。

2週間無料お試し購読
購読を開始する