自動車用塗料大手の米アクサルタ・コーティング・システムズは17日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにオートモーティブ・リフィニッシュ・トレーニング・センターを開設したと発表した。同センターでは、ボディショップでのアクサルタ製品の使用方法について専門的な訓練を提供する。


同社は昨年10月、ドバイの経済特区ジュベル・アリ・フリーゾーン(JAFZA)に支社を開設した。ドバイのオートモーティブ・リフィニッシュ・トレーニング・センターは、同様のセンターとしてはアクサルタにとって世界で47カ所目となる。

アクサルタは130カ国以上で製品を販売しており、昨年は1億8000万米ドルを技術と製品の開発に投じた。従業員数は約1万3000人に上る。



2週間無料お試し購読
購読を開始する