自動車部品大手の英GKNドライブラインは1日、イタリア北東部のトレンティーノ=アルト・アディジェ州ブルーニコ(Bruneck)にある既存工場を拡張すると発表した。電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)向けのアクスル(車軸)の生産能力を引き上げる方針だ。


同工場の現在の建屋面積は1万1000平方メートルで、今回の拡張工事により1万8000平方メートルへと60%拡張する。工事は2019年中に完了する予定。

同工場は将来的に電動車両用アクスルの「eアクスル」を主力製品として操業する工場に移行するため、現在の主力製品である等速ジョイントの生産を欧州域内のほかの工場に移管される見通しとなっている。eアクスルの生産工程の従業員数は70~80人となる予定で、工場内の配置転換で対応する見込みだ。

■BMWとボルボからの受注は確保
同社はこれまでにBMWとボルボ・カーズのプラグイン・ハイブリッド車(PHV)向けのeアクスルを受注しており、新規の受注案件も増えたことから、同工場の拡張を決めた。電動車向け駆動システム部品の製造は日本ではすでに始まっており、来年には中国でも上海納鉄福伝動系統有限公司(Shanghai GKN Drive System、SDS)との合弁工場が開所する予定になっているという。

2週間無料お試し購読
購読を開始する