ドイツの自動車部品大手ZFは6日、シートと一体となった先進のセンター・エアバッグ・システムのコンセプトを開発したと発表した。ファーサイドの衝突時に乗員の側面の保護を強化する。


将来的な自動車の内装の変化を見越し、可動シートやセンターコンソールがない車にも搭載が可能。エアバッグはシートの背面の上部に収められており、ファーサイドの衝突時に乗員同士が頭部をぶつけるリスクを減らすことができる。

欧州の自動車安全評価機関ユーロNCAPは、衝突試験を強化し、2020年にファーサイドの衝突試験を導入する計画。ZFのアクティブ&パッシブ・セーフティー・ディビジョンのシュルツ氏は、これにより側面衝突の安全評価の際に側部の保護が重要になると指摘している。



2週間無料お試し購読
購読を開始する