日本ガイシは26日、ガソリン車用のPM(粒子状物質)除去フィルター「ガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)」の需要拡大に対応するため、中国の製造子会社、NGK(蘇州)環保陶瓷有限公司(本社:江蘇省蘇州市)の第2工場を建設すると発表した。2019年12月に生産を開始し、中国でのGPFの生産能力を約6倍に増強する。


NGK(蘇州)環保陶瓷は中国向け自動車排ガス浄化用セラミックスの生産拠点として2001年に設立し、03年から生産を開始した。需要拡大に伴い生産能力と品目を段階的に増やし、現在は自動車排ガス浄化用触媒担体「ハニセラム」など3品目を生産。18年4月からはGPFの生産も開始する予定となっている。

■中国の規制強化で需要増見込む
中国では今後もGPFのさらなる需要拡大が見込まれるうえ、既存拠点には拡張の余地がないことから、第2工場を建設し、GPFの生産能力を増強すると決定した。第2工場は既存拠点の近隣(東方約2キロメートル)に建設する。設備投資額は約330億円を予定する。

GPFはガソリンエンジンから排出されるPMを除去するセラミックフィルターで、ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)の技術をベースに開発を進め、16年1月からポーランドの製造子会社、NGKセラミックスポーランドで量産を開始した。

中国では自動車の排ガス規制が強化されており、20年には欧州の「ユーロ6」に相当する排ガス規制「国6」が全国で適用される予定。国6ではディーゼル車に加え、ガソリン車にもPM排出粒子数(PN)規制が適用されるため、PMを除去するフィルターが必要になるとされている。

■18年にはタイの新拠点が稼働
日本ガイシは現在、自動車排ガス浄化用セラミックスの生産拠点を世界8カ国(日本、ベルギー、米国、インドネシア、南アフリカ、中国、ポーランド、メキシコ)の10カ所に展開。18年4月にはタイの新拠点が稼働予定で、NGK(蘇州)環保陶瓷の第2工場は9カ国12カ所目となる。

2週間無料お試し購読
購読を開始する