ドイツの自動車部品・タイヤ大手コンチネンタルとカナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルは7月31日、米国とカナダの国境をまたいで自動運転車(自動走行車)の試験走行を実施すると発表した。延べ300マイル(約482.8キロメートル)以上を走行する。


2台の自動運転車が米ミシガン州南東部をスタートし、加オンタリオ州ウィンザーを経由して同州南西部サーニアに到達した後、ミシガン州に戻る。ミシガン州運輸省(MDOT)とオンタリオ州交通省(MTO)も協力する。MDOTとMTOは、コネクテッドカーと自動運転車の開発促進で提携し、覚書に調印する予定という。

自動運転車は、コンチネンタルの「クルージング・ショーファー(Cruising Chauffeur)」機能を搭載。Assisted & Automated Driving Control Unit(ADCU)と呼ばれる中央制御装置(CCU)によって車の周囲360度の情報を分析し、高解像度マップと組み合わせることで、自動車の周囲のすべての動体と静止物を認識するとともに、前方の道路のレイアウトを把握する。

■河川への反応が主題
試験走行は、自動運転車が米ミシガン州と加オンタリオ州を隔てるセントクレア川をトンネルと橋を利用して通過する際、マルチプルカメラとレーダー、ライダー(レーザー光線を使った距離計測技術、Lidar)が水に対してどのように反応するかをテストするのが主な目的という。

2週間無料お試し購読
購読を開始する