ジーテクトは9日、英子会社ジーテクト・ヨーロッパ・マニュファクチャリングの南西部グロスターシャー州の工場を拡張し、生産能力を増強すると発表した。総投資額は約3000万ポンド(約42億8000万円)。拡張後の工場は2019年1月に操業を開始する予定だ。


英国での新規受注の大幅増に伴い、生産能力を拡大するとともに、域内物流を効率化する。また、工場拡張により、増大する欧州市場での次世代アルミボディ部品の需要に対応するための中核拠点としての役割を持たせることも想定しているという。

ジーテクトのグロスターシャー州の工場は、土地面積が約4万1000平方メートルで、建屋面積は約1万2000平方メートル。ジーテクト・ヨーロッパ・マニュファクチャリングはグロスターシャー州の第1工場のほか、グウェント州に第2工場と第3工場を構えている。

2週間無料お試し購読
購読を開始する