カナダの自動車部品大手マグナ・インターナショナルは19日、中国・上海市の新エンジニアリングセンターを開所したと発表した。最新のミラー、ビジョンシステムを自動車メーカーに提供する。


新エンジニアリングセンターでは最大で100人を雇用する見込み。マグナのイノベーションを訴求するショールームも併設している。

マグナは中国国内に生産拠点44カ所を保有。このうち6カ所でミラーを生産し、フォルクスワーゲン(VW)やフォード・モーター、ゼネラル・モーターズ(GM)、日産自動車、長城汽車を含む世界の45社以上に供給している。

2週間無料お試し購読
購読を開始する