ルクセンブルクに本社を置く自動車内装部品大手のインターナショナル・オートモーティブ・コンポーネンツ(IAC)はこのほど、チェコ西部のプルゼニ州プジェシュティツェ(Prestice)で新工場を開所したと発表した。高級車向けのドアパネルを生産する。




同社はプジェシュティツェ市内の2カ所に既存工場を保有しており、主にヘッドライナーや遮音材などを製造してきた。今回の新工場は3カ所目となり、同市内での雇用者数は以前の1300人から第3工場のフル稼働時には2100人まで増える見通しとなった。

第3工場への投資額は4000万米ドルで、敷地面積は3万2560平方メートル。今月7日に顧客や地元政府関係者などを招いて開所式典を開催した。

2018/3/13

 

2週間無料お試し購読 購読を開始する